歯のホワイトニングを一回で白くするために

歯のホワイトニングで多くの人が気になるのが一発で白くなるのかどうかということ。

大抵が3、4回通って白さを実感するなんてことが普通かと思いますが、中には急遽明日までに歯を白くしないといけないなんて人もいるかと思います。

ブライダル関連、結婚式や就活、お見合いなど、写真撮影のために白くしたいなんていう人も結構いたりします。

その場合おすすめするのが各クリニックが行っている少し強めのホワイトニングです。

例えば都内や大阪などの都市圏ですとスターホワイトニングが大手で安心のクリニックになります。

ここだとスタースペシャルという一回で白くなるコース(29800円)を設けて、急ぎのお客様に対応できるようになっています。

一回の歯にかかる負担を心配する人もいますが、個人差もあり、その場での歯科医師の診断によって断られる場合もあるかもしれません。

金額的にはフリーパスなどを買って少し時間をかけて徐々に白くする方がいいかもしれませんが、イベントなどを控えてとにかく急いでいるという人はこういった強力なホワイトニングのサービスを受けることをお勧めします。

実際にホワイトニングをした人の口コミや評判などが気になる人もいるかと思います。

スターホワイトニング口コミや体験レポートのサイトで口コミがまとめられているので気になる方はチェックしてみてください。

一発で白くなった人、ならない人も中にはいらっしゃいます。

専門の医師のアドバイスを受けるのが一番ですが、生の声を聞くことで多少の免疫がついて実際の結果を受け入れやすくなるかもしれません。

 

レントゲン

歯の検査をする上で、目視できない部分がどうしても出てきてしまいます。

レントゲン検査は、そのような部分を診るために必要不可欠な検査といえます。

歯と歯の間にできた虫歯を見付ける事や、歯全体の様子を知るためにも大切な検査で、歯周病の審査·診断に不可欠な検査です。

口腔内写真

歯肉の色や形態、表面性状等を記録する上で重要な検査です。

写真として記録することで、口腔状態がどのように変化したかがわかるため文章等に比べて、より正確な検査を行うことができます。

写真からも様々な情報が得られます。

診断用模型

お口の中の状態を忠実に再現した模型を制作します。

模型にすることで治療方針や、使用する装置等を決める際の資料として使います。

歯周病基本検査

歯周ポケット(歯とハグキの境目の溝)の深さや、検査する際の出血の量等を検査します。

歯周ポケットが深いと、そこに歯垢や歯石が溜まって歯周病の原因となります。

その他に、動揺度(グラグラする度合)等を測定します。

顎関節と筋の触診

顎関節の状態等を触診により検査します。

顎関節は大変複雑なため、触診により正確に状況を把握する必要があります。

 

骨造成膜(メンブレン)を使用した場合

骨の量や質が充分でない場合、インプラント手術を行うことが出来ません。

そこで、骨を作るために、「骨造成膜(メンブレン)」を使用します。

1.骨造成膜の一部が露出する場合がありますが心配いりません。
その場合は感染予防の洗浄に通っていただき、患部の衛生状態、治癒状況を診ます。

2.術後、4~6週間後にメンブレンを除去いたします。

インプラント手術の注意事項

手術当日は、入浴、飲酒、喫煙、過度な運動は避けてください。
手術後、顔に腫れが生じたり(1週間前後)痺れが残る場合もあります。
稀に内出血のため、顔に青あざが生じることもあります。
下顎は3、4ヶ月間、上顎は6ヶ月前後の治癒期間が必要です。
何日間か義歯を使用できない場合があります。
術後、患部を指や舌でさわらないようにし、縫合糸をいじらないよう注意してください。
術後の感染予防のため洗浄は非常に重要なので予約を守って下さい。
抜糸は1週間~10日後にいたします。
患者様または場所によっては不適応となる場合があります。
骨造成処置が必要になってくる場合もあります。